クリスマスの子供たち

みなさん、もうすぐクリスマスですが、予定は入れられていますか? きれいなイルミネーションに楽しいイベント。私はクリスマスの日に結婚式を挙げたので、離婚した夫とはいえ、夫とは友達関係を続けており、なんかあのころが遠い昔の夢みたいに思い出されます。

でもね、クリスマスになると考えてしまうことがあるの。

それは、虐待されていたり、戦火の下で生きている子供たちのこと。
お父さん、お母さんがいない子供たちのクリスマスのこと。
病気やけがで入院している子供たちのクリスマスのことです。

実は去年、うちの下の娘が3歳だったのですが、クリスマス直前に風邪をこじらせ、急きょ入院に! うちは母子家庭で、実家とは飛行機で4時間の距離。

そのうえ実家の母は働いており、頼る人はいない。

究極のピンチでしたが、ケースワーカーさんみたいな方が、息子を見てくれる施設(私が下の子の付き添いで入院している間)を探してくれたり、また病院側も個室に移動すれば、上の子も一緒に泊まってよい、など、いろいろ動いてくれて、人のありがたみに感謝しました。

結局関東から母が飛んできて、1週間上の子を見てくれている間に、下の子は完治してクリスマスイヴに退院できたんですけれどね。

その時の病院のクリスマスは、クリスマス会にボランティアでサンタのお兄さんたちが来てくれて、本当にちゃちくない高価なおもちゃをいただいたので(しかも上の子の分も)、とても喜んでいたのを思い出しました。

お金があれば、病院にクリスマスのオモチャ、子供たちの分だけ寄付したかったなあ。