お母さんは心配性

来年関東に戻ることになった私の、目下の気になることは、大震災がいつ来てもいいように持って歩くべきものです!

実は子供たちを保育園と学童に預け、外で働くことが決まっている私。仕事があるのはありがたいし、しかも都内に出ないで、自転車で30分の距離に働きに出られるのはうれしいのですが…、今のように自宅で子供たちの帰りを待つ、ということができないことになりますので、やっぱり「備えておきたい」と思っちゃうんですよね。

そこで、外出時に持ち歩くべきものをチェックしてみました。いやあ、あるある…

携帯電話、充電器、ラジオ、懐中電灯、お菓子、飲料、常用薬、帽子、ハンカチ、ティッシュペーパー、バンドエイド、健康保険証、身分証明、マスク、折りたたみ式ヘルメット、時計、メガネ、ペンとメモ帳、救急セット、現金、小銭、テレホンカード、笛、携帯用ミニトイレ、サバイバルシートなどなど。

こんなにたくさん持って歩いたら、毎回大荷物になるじゃん…と思いつつも、とりあえず子供のランドセルには「大地震用巾着」でも入れておいて、飴2粒とアルミシートでも入れておうかなあ、なんて思っている心配性のお母さんでした!